マイニングシティの評判は?【他の企業には無いメリットを徹底解説】

仮想通貨を安定してマイニングできる方法として『マイニングシティ(MiningCity)』というサービスがあります。

こちらの記事でマイニングシティについての簡単な説明と購入方法について説明をしました。

関連記事

2018年に仮想通貨の下落がありブームは去っていると思われがちですが2019年にビットコインの大幅な価格変化が起こり、2020年にビットコインの上昇が予想されていることから再び仮想通貨に注目が集まっています。その中でも『マイ[…]

しかし、このような事を疑問に思っている方も多いと思います。

Name

マイニングのサービスは色々あるけど何故マイニングシティがおすすめなの?

今回はこのような方向けに、マイニングシティの特徴を他のマイニング企業と比較しながら解説していきます。

 

マイニングシティの評判

マイニングといっても、簡単にできるものではありません。日本でも『DMM.com』『GMOインターネット』などの企業がマイニング事業に参入しましたが

マイニングの利益に比べ、電力コスト・作業のコストが大幅に上回ってしまい、

どちらの企業もマイニング事業から撤退していきました、日本では未だにマイニングする為の環境がみつけられていないのが現状です。

 

それでも現在利益を上げ、マイニング事業を行っている企業は海外にはありますが運用コストが高い為、私たちユーザーへの還元率が正直なところ多いとは言えない企業がほとんどです。

 

マイニングシティが他の事業より優れている部分としては、マイニングにかかるコストを最小限に抑えることでユーザーへの還元率の向上に努め、

マイニングファームの整備など色々な課題を乗り越えてきたマイニング企業という点です。

 

カザフスタンでの低コストのマイニング

電気代の安さが世界全体で比べて安価

マイニングシティがマイニング事業を行っている『カザフスタン』『ウズベキスタン』は

世界の電気代の安さで比べて有数の安い地域ですので、

マイニングの際に重要となる問題『電気代のコスト』を最小限に抑えることが出来ます。

主にマイニングを行っているカザフスタンは石炭が豊富に産出されているので火力発電を主に行っており

現在、建設開発が進んでいるウズベキスタンでは水力発電でのマイニングが予定されています。

 

広大な土地による土地代の削減

カザフスタンときいてピンと来ない方の方が多いですよね。(私もマイニングシティを始める前はあまり知りませんでした)

とりあえずカザフスタンを世界地図で見てみましょう!

世界的にみても土地面積は第9位の広さがあります。

では現段階でマイニング事業に失敗している日本との人口密度を比べてみましょう。

 

面積が広い土地に対し人口密度が低いので、使用していない土地が多い事が分かります。

マイニングファームを設置するには相応の広い土地が必要になりますので

カザフスタンに設置するという事は土地代を最小限に抑えることができます。

 

賃金の安さ

マイニングはハイスペックのマシンを使用しておこなうものですが

マシンのメンテナンス・警備・その他不具合対応などの行う人材が必要です。

カザフスタンの平均月収は5万円程なので日本と比べてもマイニング事業にかかる人件費を大幅に抑えられます

 

マイニングと相性抜群の気候

マイニングのマシンは1年中稼働させる必要があるので80度以上の高温に上昇。ですので温度が高くなるほどマシンの処理スピードが低下し、マイニング効率が落ちてしまいます。

また、高い温度のまま使用をしている場合、負荷が掛かりすぎてしまい、マシンの寿命にも関わる問題にもつながるので低い温度を保つことが重要です。

 

画像の通り、カザフスタンは平均的に涼しい気候ですので、このマイニングに適した気候とマシンの排熱をするコンテナ(後述で説明)

のおかげによりマイニングマシンに最適な環境をつくることが可能になっています。

 

マイニングでは最重要である電力量が圧倒的

マイニングシティを運営している『MineBest』は自社のマイニングファームを所持しているという事が他社にはないポイントで、

その電力供給量は600MWにも及びます。そのため他社と比較すると低コストでの運営が可能です。

マイニングファームとはマイニングをするためのマシンを集合させた設備の事を言います。

 

マイニングファーム使用料を収入にしている

先ほど『自社で電力供給ができるマイニングファーム』と説明しましたが、

このマイニングファームの使用代金として他のマイニング業者から

『収益の10%』を徴収しているのでマイニングシティの運営費は最小限に抑えることができています。

 

他社では収益の『40%をユーザー』『40%を紹介報酬』『20%を会社運営費』の割合に対し、

マイニングシティでは『63%をユーザー』『35%を紹介報酬』『2%を会社運営費』

収益のほとんどを私たちユーザーへ還元することが可能になっています。

 

マイニングプールシェア1位の『BTC.com』と提携している

マイニングシティはパフォーマンスを上げる為、様々な企業と協力してマイニングをする

『プールマイニング』という方式を採用しています。

そして、そのマイニングプールには世界シェアNo.1の『BTC.com』を採用し、業務提携もしています。

 

BTC.comが公式パートナーとしてマイニングシティがサイトに記載されています。

ですのでBTC.comを運営するBitmain社が販売している人気マイニングマシンを使用する事が可能になり

マイニング作業もより効率化されますので、私たちユーザーへの還元率も増えます。

 

世界初の『特定政府公認』なのでマイニング収益が非課税

カザフスタンから特別に認められた『政府公認施設』なので本来かかってしまうマイニング収益からの税金は0%です。

税金がかからないという事はマイニングの収益がそれだけ増えるということなので還元率もあがります。

それだけでなく政府公認という事は、カザフスタンが国をあげてマイニング事業をを公認し支援しているということです。

なので国がバックでついていてくれるというのは、何よりも大きな信頼となります。

 

徹底管理されたマイニングマシン

上記で『カザフスタンの気候はマイニングに適している』と説明しましたが、マイニングマシンの温度は80度以上になりますので、気候だけで冷却をするには厳しいです。

通常のマイニング企業は、冷却設備にかかるコストが収益率の低下に繋がっているのですが、

マイニングシティの設備はMineBest社が専用コンテナを開発し、カザフスタンの気候による自然冷却力を生かした『MINEBEST BOX』というものを使用しています。

このコンテナにより冷却するための空調にかかるコストを最小限に抑えることが可能になり、他企業に比べトータルコストは半分以下におさえています。

 

MINEBEST社が定期的に行っている工場見学の様子です。このコンテナ一つ一つでマイニングマシンが365日24時間稼働しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

How many Antminer S9s do you think we can fit in our technologically advanced 40 foot MineBest BOXes? #Bitcoin #SmartMining #Solutions #Blockchain

MineBestさん(@minebestofficial)がシェアした投稿 –

コンテナの中はマイニングのマシンで埋め尽くされていますね。温度を保つ空調設備も完備されています。

 

上の画像のようにコンテナの通気性を上げ、外気で設備を冷却する工夫が施されています。

何かあっては困るため、警備員が365日24時間体制で配置されているのも心強いです。

 

マイニングシティの評判まとめ

ここまでマイニングシティの評判や他のマイニング企業より優位な点を解説しました。

2020年には仮想通貨バブルも予想されており、マイニングマシンにも上限がありますのでクラウドマイニングは先行利益が発生します。

こちらの記事で説明していますが、5万円からの出資で十分すぎる利益を得ることが出来ますので。余剰資金のある方は是非出資してみて下さい。

こちらの記事で購入方法を解説しております(3分で読めます)

関連記事

2018年に仮想通貨の下落がありブームは去っていると思われがちですが2019年にビットコインの大幅な価格変化が起こり、2020年にビットコインの上昇が予想されていることから再び仮想通貨に注目が集まっています。その中でも『マイ[…]