ブロックチェーンウォレットの登録と簡単な使い方を解説

ビットコインなどの仮想通貨を保管するサービスとして『ブロックチェーンウォレット』というものがあります。

メリットは多くありますが資産の分散や、取引所より送金速度が速いなど使用する価値は非常に高いです。

今回は

・ブロックチェーンウォレットの登録方法

・ブロックチェーンウォレットの使い方

 

この2点を解説していきます。

PC、スマホのどちらでも5分ほどで登録できるので是非ご活用ください!

 

ブロックチェーンウォレットの登録方法

アカウント登録の準備をする

まずは公式サイトの登録ページにアクセスします。

ブロックチェーンウォレット公式サイトはこちら

 

スマホから登録したい方はストアからアプリをインストールしましょう。

・iPhoneユーザーはこちら

・androidユーザーはこちら

 

登録する情報を入力する

 

『ウォレットを作成』をクリックするとアカウント登録画面に進みます。

・Eメールアドレスを入力

・パスワードを入力し次の項目も同様のパスワードを入力し確認

・利用規約を確認したあとにチェックを入れる

・続行をクリック

 

『続行』をクリックすると登録したeメールにブロックチェーンから確認メールが届きますので、メールにある「はい、これは私のメールです」を

クリックし、登録したメールアドレスを認証すれば、登録は完了です。

スマホ版もほとんどかわらない手順で登録できます。

メールに記載されているウォレットIDはログインの際に使用するので大事に保存しておきましょう。

 

ブロックチェーンウォレットにログインする

公式ページからログインを行います。ログインページはこちら

ログインページに移動したら

先ほどのメールに記載されている『ウォレットID』と『パスワード』を入力しましょう。

これで登録からログインまでの手順が完了しサービスが利用できるようになりました。

 

初期設定をする

サービスは利用できるようになりましたが

ここで、やっておいた方が良い初期設定を紹介しておきます。

『設定』から『環境設定』で初期設定のページに移動しましょう。

 

・メールアドレス→メールアドレスの変更はここからできます。

・携帯電話番号→番号の変更はここから可能です。

・地域通貨→『日本円』を選択。選択しなくても使用はできます。

・ビットコイン単位→変更する必要はありません。

。・通知→ビットコイン受信時の通知設定が可能です。

・ビットコインリンク管理→決済のリンクがWEBで管理できます、個人的に必要なし。

・自動ログアウト→セキュリティを上げる為、一定時間でログアウトする設定が可能です。

・テーマ→管理画面の配色を変更できます。お好みで。

 

 

ブロックチェーンウォレットの使い方

『ウォレット』ですので主な機能としては

ビットコインなどを保管したり、他の場所(取引所など)へ送金するサービスです。

 

ブロックチェーンウォレットにビットコインを送金する

ビットコインのやり取りをするときには

取引をする相手側に『QRコード』または『受信アドレス』を認証してもらう必要があります。

ブロックチェーンウォレット管理画面から『受信』をクリックして下さい。

スマホアプリの場合は下メニューの『Request』です。

 

クリックすると『QRコード』と『受信アドレス』が表示されるので

このどちらかを『コインを送る側』で認証してください。

取引所からブロックチェーンウォレットに送金する場合は取引所の管理画面から『送金』を

選択しますと、どちらかを認証する画面に進みます。

 

ブロックチェーンウォレットからビットコインを送金する

先ほど『ビットコイン受け取り』の説明をしましたが、送金ではその逆の作業をするだけです。

管理画面から『送信』をクリックします。スマホアプリは下メニューの『send』です。

 

『送金先のサービス』で『QRコード』または『受信アドレス』を表示してから

ブロックチェーンウォレット側で、どちらかを認証してください。

スマホアプリ版では右上の『QRコード』マークをタップすればカメラ機能で簡単に認証できます。

 

 

まとめ

ここまでブロックチェーンウォレットの登録方法と簡単な使用方法を解説しましたが。

不明な点があれば私のTwitterのDMでお問い合わせください。

ブログの問い合わせフォームでも可能です。